NEST

「全ての国の人を包みこむ、あったかい日本」をつくりたい。

各国の外国人に対する移民政策

f:id:NESTkb:20191128035046p:plain


 

【各国の外国人に対する移民政策】

 

日本

シンガポール

カナダ

社会保障

医療制度

あり

永住権保持者にはあり

年金制度

あり

永住権保持者にはあり

OAS年金

労働

27種類在留資格

3種類就労ビザ

2種類就労ビザ

教育

・日本語指導を行う教員の配置

幅広い主体

 連携

・滞在資格で学費が異なる

・現地校での母国語免除は学校による

各州で独自の

指導要綱

・共通の教科書 なし

ESL教育



今回のブログでは、

 

世界各国移民政策徹底比較

 

を行います。

 

今年4月に特定技能制度がはじまり、今まで以上に移民が増えると予想される日本。

 

彼らは一体どのような制度のもと日本へ渡り、生活するのでしょうか。

 

また、移民大国と言われている他の国では、どのような制度・サポートがあるのでしょうか。

 

今回は数ある国々の中でも移民の多い国として有名な、シンガポールカナダと共に、移民政策を徹底比較していきます。

 

なお、日本政府は原則として移民政策を行わないとしていますが、本ブログでは、移民を移住の理由や法的地位に関係なく、定住国を変更した人々のことと定義し、彼らへのサポートについてお伝えします。




------------------------------

〜今回のトピック〜

 

1.社会制度

 

2.労働面での制度

 

3.教育のサポート

 

------------------------------

 

1.社会制度

 

まずは、医療制度年金制度などの社会保障制度の比較です。




日本では適法滞在者に対しては、健康保険・国民健康保険などの医療制度も、厚生年金・国民年金などの年金制度もあります。      

 

ただし、不法滞在者に対してはどちらの制度もありません

また、すべての外国人に生活保護受給権はありません

 

堤 健造『総合調査「人口減少社会の外国人問題」』より

http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_999336_po_20080110.pdf?contentNo=10




シンガポールでは移民に対して医療制度・年金制度はともにありません

 

年金制度の加入対象者は、シンガポール国籍または永住権を有する者のみです。

 

厚生労働省『東南アジア地域にみる厚生労働施策の概要と最近の動向(シンガポール)』より

https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kaigai/17/dl/t5-10.pdf





カナダでは医療制度・年金制度ともに、日本やシンガポールよりは充実しています。

 

医療制度に関しては、

永住権資格を持つ者はカナダ国籍を持つ者と同じ保障(コアとされる医療については患者の負担が一切無い)メディカルケア(←消します)を受けることができます。

移民には、3ヶ月間の待機時間が設定されていて、

留学生は州によっては加入できない可能性もあります。

 

OAS年金というカナダの年金制度では、年金の給付水準は、18歳以上にカナダに居住していた期間によって決まります。

厚生労働省『北米地域にみる厚生労働施策の概要と最近の動向(カナダ)』より

https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kaigai/16/dl/t2-02.pdf





2.労働面での制度

 

次は、労働についてです。




日本では27種類の労働に関する在留資格を設定しています。

 

大別するとこんなかんじです。

 

・高度専門職ビザ

・就業ビザ

・一般ビザ

・特定ビザ

・起業ビザ

・外交ビザ

・公用ビザ




出入国在留管理庁ホームページより

http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/kanri/qaq5.html

 

外務省ホームページより

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/chouki/index.html



シンガポールには、3種類就労ビザがあります。

 

・雇用許可

・Sパス

・労働許可

 

どの就労ビザを持っているかで、家族帯同や家族も就労できるかどうかが変化します。

 

自治体国際化協会シンガポールの民族融和・多文化共生政策について』より

http://www.clair.or.jp/j/forum/pub/docs/423.pdf







カナダには、2種類就労ビザがあります。

 

・Temporary Work Visas(=一時的なビザ)

・Permanent or Immigrant Work Visas(=永久または移民ビザ)



Temporary Work Visasは、6ヶ月未満の労働をする者が、Permanent or Immigrant Work Visasは、カナダで定職を見つけて移住する者が取得する必要があります。

 

経済移民に注目しており、母国と比べてよりよい経済活動を求める移民を受け入れ、積極的に定住を促しています。これは、一般的な受け入れにとどまる日本との大きな違いです。

カナダ政府ホームページより

https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/work-canada/permit.html

 

NHKホームページより

https://www.nhk.or.jp/d-navi/izon/column/190524.html






3.教育のサポート

 

最後に、教育のサポートについてです。




日本では学校で外国人支援担当教員を配置したり、日本語教育の専門的な知識や子ども支援の経験が豊富なNPOボランティアなど外部人材の導入が行われています。

 

しかし、日本語教育や外国人向けの教科指導についての体系的な知識やスキルを学んでいない教員がほとんどのため人材不足であったり、外部人材の導入は限定的になってしまうといった問題を抱えています。

 

『外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策』より

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/gaikokujinzai/kaigi/dai3/siryou3-2.pdf



シンガポールでは、シンガポール国民・永住権保持者・帯同査証保持者など、持っている滞在資格で学費が異なります

 

また、現地校の場合の母国語(中国語・マレー語・タミール語)の免除はケースバイケースです。

外務省ホームページより

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/world_school/01asia/infoC10400.html




カナダでは各州で独自の指導要綱があり、授業内容は各先生の判断で決められています。共通の教科書はありません。

 

ESL教育の言語目標は、リスニング読み発音話す書き文法語彙の順に優先順位が定められています。

 

ESL教育とは?

学習者が社会に適応することを目標として、広く社会で適応できるような英語技能の獲得を目指す教育方法です。

ESL教育に関しては、こちらのブログにも書いてあるので参考にしてみてください。

https://nest-aiesec.hatenablog.com/entry/2019/03/21/215727

 

小沼清香『カナダにおけるESL教育の特質』

http://repo.kyoto-wu.ac.jp/dspace/bitstream/11173/199/1/0090_007_002.pdf




------------------------------



いかがでしたか?



今回のブログでは、

日本シンガポールカナダ

 

1.社会制度

 

2.労働面での制度

 

3.教育のサポート

 

についてお伝えしました。

 

一口に移民政策と言っても、各国で様々な制度やサポートがあることがわかったと思います。




NESTはブログ以外にも情報を発信しています。

 

 

 

下のURLからぜひのぞいてみてください!

 

 

 

NESTのTwitterはこちらから

https://twitter.com/nest_aiesec

 

 

 

 

 

NESTのホームページはこちらから

http://nestproduct.kobe.aiesec.jp/








やさしい日本語

前回のブログでは

 

日本語教育推進法ってなに?

 

をテーマに、日本語教育の現状や動向についてお伝えしました。




日本語教育の重要性が少しずつ認知されてきていますが、

 

近年、「やさしい日本語」という考え方が注目されています。




みなさんは

 

やさしい日本語

 

ということばを知っていますか?




やさしい日本語」の「やさしい」には

 

易しい」と「優しい」の2つの意味がこめられています。



今回のブログでは、そんな

 

易しい日本語」であり「優しい日本語」でもある

 

やさしい日本語

 

について4点に分けてお伝えします。

 

f:id:NESTkb:20190731153207j:plain

 

ーーーーー◯ーーーーー

 

〜今回のトピック〜

 

1.易しい」「優しい」とは?

 

2.この考えの成立背景

 

3.どんな考えか

 

4.実際の「やさしい日本語」

 

ーーーーー◯ーーーーー

 

1.易しい」「優しい」とは?

 

「やさしい日本語」の「易しい」とは、

 

日本語が苦手な人でも理解しやすいということを意味しています。

 

「やさしい日本語」の「優しい」とは、

 

日本語が苦手な人に配慮しているということを意味しています。

 

つまり、「やさしい日本語」とは、

 

日本語が苦手な人が理解しやすいように配慮された日本語

 

なのです。

 

f:id:NESTkb:20190731153257j:plain

 

ーーーーー◯ーーーーー

 

2.この考えの成立背景

 

「やさしい日本語」という考え方の背景は、主に3点あります。



言葉の壁のせいで緊急時に情報格差が生まれること

 

やさしい日本語」が注目を集めるきっかけは、阪神・淡路大震災でした。

 

被災後、日本語でも英語でもない言語で発信された情報が少なかったために、日本語も英語も分からない人々は、避難生活にあたって必要な情報が分からず、困っていました。

 

また、普段の生活でも、言語の「やさしくない」環境に、苦労している方は少なくありません。

 

たしかに、公共交通機関の多くは多言語対応が進んでいて「優しい」環境であり、各駅に番号をつけて駅の区別を「易しく」している鉄道もあります。

 

しかし、このことは多くに当てはまるでしょうか?




日本で英語が共通言語になりにくいこと

 

日本語を母語としない人にとって、日本で使っていく言語は何が望ましいのでしょうか?



日本にいる定住外国人を対象として2010年に行われた調査があります。

 

この調査では、母語以外でわかる言語を聞く質問がありました。



この質問に対して日本語と答えた人は62.6%

 

一方で英語と答えた人は44.0%でした。

 

(引用元はこちら→

CiNii 論文 -  言語サービスにおける英語志向 : 「生活のための日本語:全国調査」結果と広島の事例から(<特集>日本社会の変容と言語問題)

 

 

したがって、定住外国人と、日本語を母語として話す人の共通言語としては、英語は不向きであるということがわかります。

 

 

多言語対応が現実的ではないこと

 

それぞれの人の母語で情報を提供することは現実的ではありません。



2014年時点で日本にいる外国人の上位20位の出身国・地域の公用語17言語あります。

 

(引用元はこちら→庵功雄「やさしい日本語ー多文化共生社会へ」P33(岩波新書))

 

他言語への機械翻訳、特に英語以外への機械翻訳がまだ実用の段階ではない現状があります。

 

翻訳にあたって機械が実用的に使えないとなると現実的に人間が地道に翻訳していくしかありません。

 

そうなると、日本にいる外国人の上位20位の出身国・地域の公用語に対応するだけでも、17言語を翻訳できる十分な人手が必要になります。

 

上位20位の公用語にはスリランカシンハラ語/タミル語や、バングラデシュベンガル語など、日本での知名度が低い言語もあります。

 

このような言語を翻訳できる話者が多くない現状を踏まえると、

多言語で分かりやすい情報を提供し続けられることは見込めません。

 

f:id:NESTkb:20190731153417j:plain

 

ーーーーー◯ーーーーー



3.どんな考えか

 

やさしい日本語」とは、

 

日本で安心して生活するために最低限必要な日本語のことをいいます。



ところで、日本は子どもの権利条約を批准しているので、外国人を含めたすべての子どもに公的費用で義務教育を保障しなければなりません。(第28条第1項参照)

 

しかし、現在の日本では、

外国籍の子どもたちは義務教育の対象ではありません

 

日本の現状の教育環境は、彼らが日本で安心して生活するために最低限必要な日本語を習得しやすい環境でしょうか?

 

「やさしい日本語」は、日本語が苦手な人と日本語母語話者との間の「言語の壁」を取り払ってくれます。



もし幼少期から「やさしい日本語」に触れることが日本で当たり前になっていたら、日本語が苦手な人の多くが「やさしい日本語」で日本語母語話者と何ら変わることなく日本で生活できます。

 

「やさしい日本語」には、どんな人でも対等に生きていける基盤となる可能性があるということです!




また、1.この考えの成立背景 でも言及したように、日本では英語は共通言語にはなりにくいという現状は、もちろん日本の地域社会でも同じです。

 

地域社会は日常生活に密着しているので、地域社会におけるコミュニケーションは特に重要になります。

 

地域社会において「やさしい日本語」が共通言語になるとはどういうことでしょう?

 

それは、地域社会における対等な市民として交流しやすくなるということです。

 

「やさしい日本語」でコミュニケーションすることによって、日本語母語話者が無意識に外国人を日本語能力で判断してしまうことがなくなっていくかもしれません!

 

 

さらにやさしい日本語でのコミュニケーションでは、国籍に関係なくすべての人が母語で言えることを伝えやすくなるかもしれません。

 

外国人が日本に滞在する目的は、日本語学習や日本企業での労働など様々で、すべての外国人が日本語学習に十分に時間を割けるわけではありません

 

しかし、やさしい日本語には習得しやすい理由があります。

 

それは、

 

日本で安心して生活するために最低限必要な項目に絞られている!

独自の学習シラバスがある!

 

ということです。

 

したがって、

日本語学習に十分な時間をかけない外国人でも、

やさしい日本語を

聞いて理解するだけでなく自分の意思を発信することは、

従来の日本語よりも負担が軽くなると言われています。

 

どんな滞在目的の外国人に対してもやさしい日本語を徹底することで、彼らは自分の意見も言いやすくなるので、日本で安心して生活できるようになります。



ーーーーー◯ーーーーー

 

4.実際の「やさしい日本語」

 

ここまでの流れを踏まえて、

 

実際の「やさしい日本語」気になりませんか?



NHKの News Web Easy というサービスがあります。

 

NHKのこのサービスは、「やさしい日本語」でニュースを書いています。



ここで News Web Easy の記事を一部引用してみます。

 

原文との違いにぜひ注目してください。

 

f:id:NESTkb:20190731160309j:plain

 

[やさしい日本語のニュース]では、

 

情報が取捨選択されている

事実を分かりやすく伝えようとしている

 

ことが分かります。




また、「やさしい日本語」のコツについて、愛知県が分かりやすくまとめた資料を公開しているので参考にしてください。

 

愛知県の「『やさしい日本語』の手引き」はこちら→

http://www.pref.aichi.jp/kokusai/easyjapanese/tebiki.pdf

 

f:id:NESTkb:20190731153445j:plain

 

ーーーーー◯ーーーーー



いかがでしたか?



今回のブログでは



やさしい日本語



をテーマに、

 

1.「易しい」「優しい」とは?

 

2.この考えの成立背景

 

3.どんな考えか

 

4.実際の「やさしい日本語」



についてお伝えしました。

 

NESTはブログ以外にも情報を発信しています。

 

下のURLからぜひのぞいてみてください!

 

NESTのTwitterはこちらから

NEST🤲🏻 (@NEST_AIESEC) | Twitter

 

 

NESTのホームページはこちらから

NEST

 

日本語教育推進法ってなに?

 

前回のブログでは、

 

日本で行われている日本語教育の現状

 

をテーマにしましたが、日本語教育についてどんな印象を持ちましたか?

 

日本語教育の厳しい現状に驚かれた方もいるかもしれません。

 

 

そんななか、2019年6月21日に「日本語教育推進法」が成立となりました。

 

 

日本語教育を推進しようとするのは分かるけど、具体的な内容までは分からない、、、

 

 

そんなモヤモヤを解消するため、今回のブログのテーマは、

 

日本語教育推進法ってなに?

 

です。

 

f:id:NESTkb:20190707114603j:plain

 

ーーーーー◯ーーーーー

 

〜〜今回のトピック〜〜

 

1.どんな法律?

 

2.どんないいことがあるの?

 

3.ほんとに「日本語教育」を「推進」できるの?

 

ーーーーー◯ーーーーー

 

1.どんな法律?

 

まず、「日本語教育」とは何かについて言及している条文があります。

 

「この法律において『日本語教育』とは、外国人等が日本語を習得するために行われる教育その他の活動(外国人等に対して行われる日本語の普及を図るための活動を含む。)をいう。」(同法第1章第2条第2項より)

 

 

この一節だけでははっきりしないと感じる人もいるのではないでしょうか?

 

そこで、

 

 

外国人等」って具体的に誰を指すの?(→後ほど3で説明します)

 

日本語教育を推進する」ためになにを定めたの?

 

この2つの疑問についてはっきりさせたいと思います。

 

 

日本語教育を推進する」ためになにを定めたの?

 

については、

 

国や自治体が責任をもって日本語教育を行うこと(→後ほど2で説明します)

 

雇い主は日本語教育を学ぶ機会を得られるように対策をとるということ

 

の2点が定められました。

 

雇い主の中でも、日本語教育とあまり関連がない雇い主は日本語教育にどのようにアプローチするのか、注目されます。

 

 

「1.どんな法律?」のまとめとしては、

 

国と地方と雇い主がそれぞれ責任をもって日本語教育に取り組むべきだ!

 

と示している法律だということですね!

 

f:id:NESTkb:20190707112511j:plain

 

ーーーーー◯ーーーーー

 

2.どんないいことがあるの?

 

については、

 

日本語教師についての制度が整うこと

 

日本語教育推進会議が具体的な事業を決めること

 

の2点をお伝えします。

 

 

①の制度の内容は、「日本語を苦手とする生徒に日本語や教科を指導する先生を学校におく」ことです。

 

国や自治体が責任をもって

 

日本語教師についての制度を

 

実施しなければならないほど、日本語教育の重要性は高まっています。

 

 

②について、日本語教育推進会議では、

 

日本語を学ぶ側と教える側の両方と、

 

語学教育の専門家の意見を踏まえて、

 

具体的な取り組みが決められます。

 

この会議で決められた具体的な事業から目が離せませんね!

 

日本語教育推進会議の公式サイトはこちらから

日本語教育推進会議 | 文化庁

 

 

このように、この法律が、

 

日本語教育の役割を担うことを定めたことによって、

 

国と自治体が責任をもって日本語教育を行うことになりました。

 

みなさんの自治体はどんな日本語教育に取り組むのでしょうか?

 

「2.どんないいことがあるの?」のまとめとしては、

 

国と自治体が、日本語教育に取り組まなければならないことがはっきりしただけでなく、取り組むための下地が整いつつある!

 

ということですね!

 

f:id:NESTkb:20190707114940j:plain

 

ーーーーー◯ーーーーー

 

3.ほんとに「日本語教育」を「推進」できるの?

 

日本語教育を推進する対象として、「外国人等の児童生徒や留学生、就労者」とあります。

 

法律によると、「外国人等」とは、「日本語に通じない外国人及び日本の国籍を有する者」をいいます。

 

就労者を「日本語教育を推進する対象」としている一方、

 

技能実習に対しては、

 

日本語教育の更なる向上の機会を提供すること」などをすべきだとあります。

 

f:id:NESTkb:20190707115521j:plain

 

「推進」しなければならない「日本語教育」の背景には、

 

「児童生徒や留学生、就労者」、

 

そして技能実習生を取り巻く環境における

 

言葉の壁」がまだまだ高い現状があります。

 

実際に、こういった環境に対する問題意識の高まりを受けて、

 

この法律は成立しました。

 

 

 

また、外国人が日本語を学ぶ機会の多くはボランティアによる機会というのが現状です。

 

この現状については、以前ブログで詳しくお伝えしています。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

現在、日本に在留していて日本語を学んでいる外国人の数は、約24万人と言われています。

 

それに対して、日本語教師の数は3万9000人、そのうちの58%に当たる2万2000人がボランティアという現状があります。

 

(詳しくはこちらから

日本って、どれくらい日本語を教えているの? - NEST

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

日本語を苦手とする人たちの周りの環境が充実しているとは言いきれません。

 

 

また、国と自治体や雇い主が法律で定められた責任をきちんと果たすかどうかについても、不透明なままです。

 

日本語教育の現状は本当に改善されるのでしょうか?

 

 

「3.ほんとに『日本語教育』を『推進』するの?」のまとめとしては、

 

法律には、あまりはっきりした取り組みが示されていないぶん、国と自治体が意識的に日本語教育に取り組まなければならない!

 

ということですね!

 

f:id:NESTkb:20190707121037j:plain

 

ーーーーー◯ーーーーー

 

いかがでしたか?

 

今回のブログでは、

 

日本語教育推進法ってなに?

 

をテーマに、

 

1.どんな法律?

 

2.どんないいことがあるの?

 

3.ほんとに「日本語教育」を「推進」できるの?

 

についてお伝えしました。

 

NESTはブログ以外にも情報を発信しています。

 

下のURLからぜひのぞいてみてください!

 

NESTのTwitterはこちらから

NEST🤲🏻 (@NEST_AIESEC) | Twitter

 

NESTのホームページはこちらから

http://nestproduct.kobe.aiesec.jp


 

 

 

日本って、どれくらい日本語を教えているの?

日本

 

これまでのブログで、

母語/母国語/外国語/第二言語の違いを説明し、

第二言語を使うこと」についての問いを投げ、

ESLJSLという考え方を提示し、

同時に第二言語習得のサポートの必要性についての投稿

をしました。

 

同時に、英語取得の補助があるアメリカなどの事例も紹介したと思います。

 

 

f:id:NESTkb:20190331230153p:plain

 

 

 

 

それでは、日本での日本語教育の補助はどのようになっているのでしょう?

ということで、

 

今回のブログでお話しするのは、

日本で行われている日本語習得のサポートの現状

です。

 

続きを読む

第二言語習得における違い。

 

あなたにとって、

日本語とは母語ですか?母国語ですか?

 

というテーマだった前回のブログ。

 

 

今回のテーマは、

第二言語習得におけるサポートの違い 〜英語と日本語を比べてみよう!〜 」

です。

 

キーワードは、「ESL」と「JSL」です。

f:id:NESTkb:20190320232448j:plain

 

続きを読む

「外国語を学ぶ」ということ vol.1

 

 

Hello, 안녕하세요, Bonjour, 您好, Hallo zusammen, مرحبا هناك, Γεια σου, Hola, Chào bạn, こんにちは!!!



 

さてここでいくつか質問をします。

 

上の中から、あなたにとって、

 

①「外国語」だと思うもの

②「第二言語」だと思うもの

③「母語」だと思うもの

④「母国語」だと思うもの

 

を、選んでください!

 

 

 

どんな答えが出ましたか?

続きを読む

「留学生と何を話したらいいかわからない!」そんな君に。

 

留学生と何を話したらいいかわからない!!!

問題は英語じゃない!話題!!!

 

そんなことを感じたことがある人にぜひ読んでほしい今回の記事。

テーマは、「留学生と日本人大学生で盛り上がった話題」です。

 

 

f:id:NESTkb:20181115163556j:plain

 △たこ焼きを食べつつ談笑する留学生

 

続きを読む